ビルマネの賢人

第10回~グリッド天井~

2022/07/28

シェアする twitter facebook LINE

グリッド天井の色違い みんなどうしているの?

第10回は「グリッド天井関して紹介していきたいと思います。

築浅ビルの多くはグリッド天井が採用されています。

天井面と天井裏のメンテナンスが容易なことは皆様ご存じの通りですが、
部分的な張替を繰り返したことで徐々に色違いが生じていませんか?


とは言え、原状回復で全面張替では費用が膨大になり、テナント様との交渉が難航するなんてことも多くあります、、、

塗装する場合はこれって正しいの?

Tバーを全て養生することは手間が物凄くかかると思われがちですが、
確立された工法であれば、システム天井とほぼ変わらない手間で施工ができます。

もちろん仕上がりも均一に着色されますので張替に代わる工法として、採用されています。


 


ローラー塗装



 


床に並べて塗装


 






全面塗装であれば色違いを解消できますが、上記のようにローラーで塗装しようとしても、ボードを押し上げてしまいます。
床面で塗装したボードを天井に復旧するにしても手間がかかってしまう、、、

それであれば、Tバーを全て養生して吹付をするのが現実的なのでしょうか。

確立された施工方法で予算削減・工期短縮

Tバー幅に合わせた特注の養生材
仮設昇降せず床から養生できる特殊養生機

吹付塗装
網目状に連結させた養生を一気に撤去

新品同等の仕上がりを実現!!

 
 
Tバーを全て養生することは手間が物凄くかかると思われがちですが、
確立された工法であれば、システム天井とほぼ変わらない手間で施工ができます。

もちろん仕上がりも均一に着色されますので張替に代わる工法として、採用されています。
  
  

◆シーリングマジックマジックの資料請求や御見積書のご相談等

お気軽にお問い合わせください。